2009年11月06日

カタカナ英語「リンス」のウソ・ホント


今回のテーマは「リンス」です。


リンスというと、シャンプーした後に髪を流すアレですね。


さてその「リンス」


英語では何と言うかというと・・・



conditioner(コンディショナー)


といいます。


日本でもコンディショナーと呼ばれることが多くなりましたね。


■ここから余談

英語で「Rinse」というと「すすぐ、洗い流す」という意味があります。


「Rinse」と聞くと、食器洗浄機の「すすぎ」を思い浮かべてしまいます。

この記事へのコメント
こんにちは!私も英語を学んでいる若者のガールです。さくらさんのブログは共感出来る部分が多々ありました。最近私が発見した和製英語は、「ルーズリーフ」です。英語だと「ルースリーフ」と言いますよね(笑)あと、日本でいう「クローズアップ」も「クロースアップ」ですね(^O^)これからも、ブログ応援させて頂きたく思います。
Posted by まのまの一味 at 2011年11月30日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。