2009年10月21日

カタカナ英語「ワークシート」のウソ・ホント


今回のテーマは「ワークシート」です。

表計算ソフトのエクセルのシートのことをワークシートといいますね。


さてその「ワークシート」


英語では何と言うかというと・・・


Spreadsheet(スプレッドシート)


といいます。


「Spreadsheet」はけっこう広い意味で「ワークシート」を指し、エクセルなどで作られた集計「表」や予算「表」、時には表計算ソフトを「Spreadsheet program」などとして
使われたりします。


■ここから余談


エクセル表は「Spreadsheet」と呼ばれますが

ワードの場合、「Document」や「Letter」などと

呼ばれることが多い気がします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。