2009年07月08日

カタカナ英語「ビーチサンダル」のウソ・ホント

今回のテーマは「ビーチサンダル」です。


ビーチサンダルといえば、ビーチだけではなく、普段も大活躍してくれる暑い夏には欠かせないアイテムですね。


さてその「ビーチサンダル」


英語では何と言うかというと・・・



flip flop(フリップフロップ)


といいます。

Beach sandalという言葉は使いません。


■ここから余談

「Flip」は、「ひっくり返す」という意味でよく使われ、お好み焼きなどを「ひっくり返す」のは、「Flip over」となります。

「(コインなどを)指ではじく」のもFlipという単語です。


「Flop」は、「バタバタ動く、バタッと倒れる」という意味があります。


どうしてこの単語の組合せでビーチサンダルになるのかよく分かりませんが、スポーツ店やサーフブランドショップなどのビーチサンダルコーナーは、「Flip flops」と書かれています。

この記事へのコメント
ビーチサンダル(flipflops)は確かに和製英語ですが、サンダル(sandals)は英語です。形状も日本のそれと同じです。そこを添えてないとサンダルという言葉そのものが通じないという誤解を生みますよ。
Posted by at 2014年10月18日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: